SSブログ

労働時間の計算に使っているのでしょうか? [TimeDeCalc]

(この記事について)
 iPhone/iPadアプリのTimeDeCalcにまつわるお話です。


(「時分」分類の追加をしました)
 TimeDeCalcには、時間分類がいろいろあります。
例えば、日、時、分、秒の4種類を組み合わせることで色々な計算ができるように設計されています。
また、小数点も3桁までサポートし、四捨五入、切り上げ、切り捨ても出来るので、たいがいの時間計算には対応してあります。
 ただし、組み合わせを全部サポートすると、実装後の検証作業が膨大な量になります。そのため、実際に使うと思う組み合わせを手探りで準備しています。
 そして、つい先日、「時、分」の組み合わせを追加でサポートすることを決定し、実装することにしました。アップル社の承認が得られれば、もうじきアプリの選択メニューに現れるようになります。


(時、分単位の計算ってどんなものがあるのでしょうか?)
 「時、分」単位の計算というと、こんな計算でしょうか?

1)業務時間や残業時間の合計算出

2)旅程における移動時間、滞在時間の見積り、スケジュール算出

3)工場における作業工程表の所要時間の目安を設定する

うーむ、やっぱり「時、分」だけの組合せの業務というと、あまり思いつきません。


(繰り返し業務だと思うのですが…)
 1回だけなら、手計算の方が早いかもしれないです。大量に計算する、または、反復的に毎週計算する、みたいな使い方だと思うのですが、どんな業務なんでしょう?
 表計算ソフトを毎度立ち上げるほど大掛かりではない業務だと思うのですが、どうでしょう?


(実は趣味で使っている?)
 趣味や娯楽で使っているのでしょうか?
 でも、ユーチューブなどの映像ソフト作りなどでは秒単位の管理が必要でしょうから、違いますよねえ。
 トラベルプラン?(旅程計画)、うーむ、それも違うような?
 分単位で時間まで把握する必要のある作業って、どんな趣味があるんでしょう?
実需があるから、アプリには実装したのですが、どう使っているんだろうなあ?

と言うわけで、今回は最後まで疑問の残る時間の組合せ「時、分」の話でした。


(時間を計算してみよう)
時間に興味を持てましたか?
iPhoneやiPadをお持ちなら、時間を計算してみましょう。
TimeDeCalcなら色々な計算が簡単に出来ます。

iPhone



iPad





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ