SSブログ

iPhone/iPad アプリ、Counter Sheetリリースのお知らせ [Counter Sheet]

Counter Sheet (カウンターシート)

新規アプリ情報

主な機能:
複数のカウンター(計数器)を同一画面で使用することができます。
また、縦列、横行などの単位で同時に加算・減算を実施できます。
さらに、それぞれの計数を小合計、合計として自動算出します。

簡易的な情報収集をするツールとしてご利用下さい。

使用方法:
メイン画面(Top)について
カウンターとして使用できるセルサイズは、以下の通りです。
2 x 2 = 4 セル
3 x 3 = 9 セル
4 x 4 = 16 セル

新規作成(New Create)を選択し、リセット新規(Reset New)を選択すると上記の選択メニューが現れます。
上下左右の側面のセルの内側のセルが全てカウンターとして機能します。
タッチ1回で1カウントします。
上側面と左側面では、縦方向、横方向の一斉カウントを実行します。
左上角のセルでは、カウント用の全てのセルに対して一斉にカウントを実行します。
右側の側面と下側の側面では小合計(Sub Total)を自動作成します。
さらに右下角のセルには合計が自動作成されます。
正負を変えたい時には、右上角のセルをタッチすると変化します。
入力間違いをした場合には、左下角のセル(Undo)をタッチすると戻ることができます。
さらに左上角のさらに上には、再度のやり直しのセル(Redo)があります。やり直しを取り消すときだけ機能します。
正負符号(+/-)はリストに登録される際にも記録されます。情報を継承しない新規作成の場合には、正符号(+)になります。


(稼働対象デバイス)
iPhone/iPadデバイス

詳細は、下記のリンクをご確認下さい。

Download on the App Store

https://apps.apple.com/us/app/counter-sheet/id1550715773?itsct=apps_box&itscg=30200


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

#TimeDeCalc Time calculator on iPhone, iPad, macOS [TimeDeCalc]

TimeDeCalc is a time calculator that can be used on iPhone, iPad and macOS.

TimeDeCalc supports days, hours, minutes, seconds and also supports time combinations.
In addition, it is possible to calculate up to 3 decimal places, and it also performs processing such as rounding, rounding up, and truncation.

It supports various time calculations such as measurement analysis of sports competitions, travel time, factory production process management, learning time planning, space colony construction planning, etc.

It also supports the csv file output function so that it can be used with spreadsheet software such as Excel and Numbers. You will also be satisfied if you want to use or process the calculation results and calculation process with spreadsheet software.

Basic functions are free. When working with the time calculator, you will be charged if you want voice guidance on the input numbers.

Search for TimeDeCalc on the Apple App Store and give it a try.

https://apps.apple.com/us/app/timedecalc/id492365459?itsct=apps_box&itscg=30200
https://apple.co/2UZnCYI




qr-code.jpg




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

2ヶ月に1回はシングルを発表する方が有利な情勢 [FavoriteArtists]

(この記事について)
 この記事は、iPhone/iPadアプリのfavoriteArtists(フェイバリットアーティスト)を通しての音楽の楽しみ方や変化を伝えています。

(音楽の発表方法に変化が起きた)
 ここ数年間で音楽の世界の発表方法には大きな変化が起きた、と私は考えています。
 具体的には、以下の通りです。
1)物理的なシングルやアルバムの売り上げからサブスクライブ契約に基づく売り上げに移行した。
2)1)により限定的で、熱狂的なファンだけを対象とした活動からより緩やかなファンへの対象拡大。
3)アルバムを指定した曲順で聴くのではなく、好きな曲だけをピックアップして聴くスタイルの浸透。

 さらに今年に入ってからコロナ騒動により、さらに劇的な変化が発生しました。
4)コンサートのチケット収入、グッズ収入の断絶。
5)リモートコンサート、オンラインコンサートへの移行。
6)自宅や自宅周辺での活動時間の急激な増加による視聴形態の大きな変化(勤務中も音楽可能)。

 この状況は、少なくとも今後数年間は継続することが予想できます。
それでは、アーティストがどのように対処するべきでしょうか?

 視聴対象のお客様が大幅に増え、ピックアップ式で曲を選んで聴いてくれる、しかもサブスクライブ契約でアルバム、シングルを単独で購入する可能性は低い、となると以下のようなアプローチが有効と思います。

a) シングルを少なくとも2ヶ月に1回(できれば1ヶ月に1回)は発表し、サブスクライブ契約で配布する体制を整備する。
b) 固定のファン層だけに絞った楽曲提供から方針を転換し、視聴対象を大幅に広げて楽曲を作成し、発表する。
c) 楽曲毎にお客様の属性(年齢、性別、視聴形態、ファン熱狂度など)を絞る。

 もちろん、従来通りのアルバム制作やシングル製作は継続しても良いと思います。しかし、知名度を向上させ、1曲だけで忘れ去られてしまうアーティストにならないためには、毎月新曲を発表するのが現状では良さそうです。
 今時の音楽アプリでは、新譜は積極的に閲覧できるようになっていることが多いですから、新人アーティストでも食い込むチャンスを増やすためには、新譜の発表を頻繁にすること。そして、お客様の属性を絞った曲を作成するが、特定のお客様の属性だけに限定するのではなく、毎回、様々な属性のお客様にコンタクトを試みる新曲を提案するのが良いのでは無いかと思います。
 発表した楽曲もダウンロード数や視聴回数、視聴時間帯などの情報がある程度把握できるようになってきています。これらの情報がアーティスト側に直接フィードバックできるようになれば、本当に楽曲を聴いているかどうかを確認しながら、新しい楽曲の製作に取り組めるようになるでしょう。
 今後は、新曲を発表するために要するコストが劇的に低下するために、従来のような大掛かりな宣伝費を投入するよりもSNSでの反響を把握するような方法に移行した方が良いと思います。そういう意味では、良心的なユーチューバーやネットブロガーなどとの信頼関係の構築が重要になると思われます。

 アーティストの皆様は、ボツにしたネタをもう一度、発表することを検討してみてはどうでしょうか?


(FavoriteArtistsの特徴)
あらかじめ、お気に入りのアーティストをアーティストリストに登録するだけ。
あとは選曲ボタンを押せば、自動的に選曲が行われます。


(1日、1アーティスト、1曲)
 このアプリを使うと、30アーティスト登録すると、30曲が自動的に割り当てられます。
1曲4分として2時間分の演奏リストになります。
 なお、繰り返し同一アーティストを選ぶことや特定のアーティストだけ集中して選曲することもできます。

(自分だけの音楽番組)
 このアプリを毎日使ってみて思うことは、自分だけの音楽番組が自動作成されるようになった、と言うことでしょう。アーティストをお気に入りの順番に並べると、適切に曲順を並べ替えてくれます。
 演奏前にセットリストを確認して、順番を変えたり、演奏曲を変えたりすることも出来ます。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

音楽アプリでの音楽の楽しみ方 [FavoriteArtists]

(この記事について)
 この記事は、iPhone/iPadアプリのfavoriteArtists(フェイバリットアーティスト)を通しての音楽の楽しみ方や変化を伝えています。

(音楽アプリとは何か?)
 iPhone/iPadで音楽を楽しむ場合、Apple Musicアプリを使う場合が多いと思います。サブスクラブ契約を結べば、ほぼ無尽蔵の音楽にアクセスできるようになります。
 音楽の楽しみ方を大きく分ければ、以下の通りです。
1)ランダムに色々な音楽を楽しむ。
2)特定のアーティストの楽曲にこだわって楽しむ。

 例えば、あるアーティストの新しいアルバムが発表されたら、そのアルバムを指定された曲順で楽しむと思います。ある程度繰り返し聴いたら、その後は、他のアルバムやシングルと混ぜてランダムに聴くようになるでしょう。
 色々なアーティストの楽曲をランダムに聴く場合も、特にお気に入りのアーティストの曲は、30分に1回とか1時間に1回聴きたい、となるでしょう。
 アップル社もユーザーの視聴情報を元にAppleMusic上でランダムに選曲して提供していると想像しています。しかし、実際に演奏が始まるまで、どのアーティストのどの曲が流れてくるか分かりません。将来、AI技術が進化すれば、ほぼパーフェクトに使用しているユーザーの意向に沿った選曲が行われるようになるでしょう。しかし、現在の技術でそこまで到達するのは難しい、と私は想像しています。
 そうすると、やっぱり演奏予定曲は事前にチェックできる方が適切だと私は考えています。

 そして、アーティストの演奏順番は、重要だと思います。
 例えば、外出する際、学校や職場に行く際に最初に流れる曲のアーティストは固定した方が生活のリズムが整いやすい気がします。
 アーティスト側の立場に立てば、ランダム演奏の場合の最初の10曲に食い込まないと目的地に到着してしまうかもしれません。それでも20曲以内なら帰宅前に聴いてもらえるでしょう。しかし、20番手よりも後方になると演奏回数がガクンと下がるので、かなり死活問題になりそうです。
 さらに、新たに発掘したアーティストをどんどん登録していくので、古参のアーティストが自然と後方に移動してしまいます。
 そういう訳で1ヶ月に1回ぐらいは、アーティスト順を見直して後方に移動したアーティストを何人か前方に移動し、少し前に登録したアーティストは、徐々に後ろに後退していきます。
峻烈だなあ。

お知らせ:FavoriteArtistsのバージョン2.6を今週末にリリースします。このバージョンでは、複数アーティストのランダム演奏時におけるアーティストの登録を1回だけではなく、繰り返し複数回登録できるようにします。


(FavoriteArtistsの特徴)
あらかじめ、お気に入りのアーティストをアーティストリストに登録するだけ。
あとは選曲ボタンを押せば、自動的に選曲が行われます。


(1日、1アーティスト、1曲)
 このアプリを使うと、30アーティスト登録すると、30曲が自動的に割り当てられます。
1曲4分として2時間分の演奏リストになります。
 なお、繰り返し同一アーティストを選ぶことや特定のアーティストだけ集中して選曲することもできます。

(自分だけの音楽番組)
 このアプリを毎日使ってみて思うことは、自分だけの音楽番組が自動作成されるようになった、と言うことでしょう。アーティストをお気に入りの順番に並べると、適切に曲順を並べ替えてくれます。
 演奏前にセットリストを確認して、順番を変えたり、演奏曲を変えたりすることも出来ます。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

労働時間の計算に使っているのでしょうか? [TimeDeCalc]

(この記事について)
 iPhone/iPadアプリのTimeDeCalcにまつわるお話です。


(「時分」分類の追加をしました)
 TimeDeCalcには、時間分類がいろいろあります。
例えば、日、時、分、秒の4種類を組み合わせることで色々な計算ができるように設計されています。
また、小数点も3桁までサポートし、四捨五入、切り上げ、切り捨ても出来るので、たいがいの時間計算には対応してあります。
 ただし、組み合わせを全部サポートすると、実装後の検証作業が膨大な量になります。そのため、実際に使うと思う組み合わせを手探りで準備しています。
 そして、つい先日、「時、分」の組み合わせを追加でサポートすることを決定し、実装することにしました。アップル社の承認が得られれば、もうじきアプリの選択メニューに現れるようになります。


(時、分単位の計算ってどんなものがあるのでしょうか?)
 「時、分」単位の計算というと、こんな計算でしょうか?

1)業務時間や残業時間の合計算出

2)旅程における移動時間、滞在時間の見積り、スケジュール算出

3)工場における作業工程表の所要時間の目安を設定する

うーむ、やっぱり「時、分」だけの組合せの業務というと、あまり思いつきません。


(繰り返し業務だと思うのですが…)
 1回だけなら、手計算の方が早いかもしれないです。大量に計算する、または、反復的に毎週計算する、みたいな使い方だと思うのですが、どんな業務なんでしょう?
 表計算ソフトを毎度立ち上げるほど大掛かりではない業務だと思うのですが、どうでしょう?


(実は趣味で使っている?)
 趣味や娯楽で使っているのでしょうか?
 でも、ユーチューブなどの映像ソフト作りなどでは秒単位の管理が必要でしょうから、違いますよねえ。
 トラベルプラン?(旅程計画)、うーむ、それも違うような?
 分単位で時間まで把握する必要のある作業って、どんな趣味があるんでしょう?
実需があるから、アプリには実装したのですが、どう使っているんだろうなあ?

と言うわけで、今回は最後まで疑問の残る時間の組合せ「時、分」の話でした。


(時間を計算してみよう)
時間に興味を持てましたか?
iPhoneやiPadをお持ちなら、時間を計算してみましょう。
TimeDeCalcなら色々な計算が簡単に出来ます。

iPhone



iPad





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

雑用系カメラアプリ、時刻、場所、画質、写真サイズ、ファイルサイズなど [PhotoWith]

(この記事について)
iPhone/iPadアプリのPhotoWithの使い方・考え方について解説しています。


(スマートフォンのカメラは便利なんだけど…)
 スマートフォンには、カメラがついています。
 ですから、気になったものは全てパシャ、と撮影できます。
ただ、課題もあります。
 例えば、
1)撮影場所が分からなくなる。(外出中だと、正確な場所が分からないこともある。)
2)画質がいつも高画質だけれども、雑用系の場合には低画質でも良い。
3)画質が高画質だと、ファイルサイズが大きくなり、撮影最大数に制限がかかりやすくなる。

、とこんな感じです。


(撮影環境の情報も写真に記録できれば良い)
 そこで作ったのが、iPhone/iPadアプリのPhotoWithです。

 撮影日時、GPS情報、住所情報、撮影時の方角、スマートフォンの傾きなどの情報を全て撮影した写真に記録できるようにしました。

 画質も調整できますので、例えば、戸締りの状態確認や簡単な記録写真として活用できます。

 画質を落とすことで、記録ファイルサイズも小さくなるので、バンバン撮影して、要らなくなったら、まとめて削除を繰り返しやすくなっています。


(アプリを起動したら、すぐに撮影モードに入れる)
 アプリを起動したら、すぐに撮影モードに入ることが出来ます。カウントダウン機能により、片手で撮影を完了させることが出来ます。








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

Apple Musicを使ってランダムに演奏曲を選曲するため [FavoriteArtists]

(この記事について)
 この記事は、複数のお気に入りのアーティストの楽曲をランダムに選曲する方法について記述しています。

(Apple Musicのランダム演奏の課題)
 iPhone、iPadなどを使って、Apple Musicから選んだアーティストをランダム演奏させようとすると、難しい点があります。

 例えば、今、お気に入りの20人のアーティストの演奏が聴きたいけれども選曲が違うアーティストだったり、偏っていたり、同じ曲が頻繁に出てきたりします。
 そうすると、自分で毎回選ぶか、プレイリストをあらかじめ作っておいて、それを流すようにすることになります。結構、面倒です。


(FavoriteArtistsの特徴)
 そこで、作ったのがiPhone/iPadアプリのFavoriteArtistsです。
あらかじめ、お気に入りのアーティストをアーティストリストに登録するだけ。
あとは選曲ボタンを押せば、自動的に選曲が行われます。


(1日、1アーティスト、1曲)
 このアプリを使うと、30アーティスト登録すると、30曲が自動的に割り当てられます。
1曲4分として2時間分の演奏リストになります。


(自分だけの音楽番組)
 このアプリを毎日使ってみて思うことは、自分だけの音楽番組が自動作成されるようになった、と言うことでしょう。アーティストをお気に入りの順番に並べると、適切に曲順を並べ替えてくれます。
 演奏前にセットリストを確認して、順番を変えたり、演奏曲を変えたりすることも出来ます。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

時間の計算は、よく考えると感覚とずれている。時給計算の場合 [TimeDeCalc]

(この記事について)
 iPhone/iPadアプリのTimeDeCalcにまつわるお話です。


(時間の計算は、ずれていく)
 昔はアルバイトなどの時給計算をする際には、30分単位だったり、15分だったりしました。
 働く側も15分単位としてもキリが良い方が良いので、3時間30分とか4時間30分に合わせるようにします。これなら、時給換算で 3.5 とか 4.5 にしやすいからです。
 しかし、3時間45分だった時には、一度良く考える必要があります。


(60分で1時間だから)
 1時間は、60分ですから、その4分の3、つまり0.75ということで、3.75が答えになります。しかし、算数や数学が苦手な人には結構悩ましい計算です。


(現代では1分単位、職場によっては秒単位?)
 労働時間に関して、法律的には、原則分単位で計測することが求められています。そうすると、単位時間よりもオーバーした時間も、57分とか3分の場合も、ちゃんと請求できなければいけません。
 昔は、コンピュータ(賃金計算ソフト)が対応していなかったり、金額が端数になるのを嫌がったりして、10分単位、15分単位にしていました。
 現在は、多くのシステムが連動しています。入館・出館システムに連動していたり、パソコンの起動・終了、ログイン・ログアウトに連動しています。ですから、秒単位での計測も可能です。
 そうなると、賃金基準の計測も秒単位で行うことができます。


(時給1015円の場合)
 東京都の場合、最低賃金は1000円を超えているようです。
 仮に1015円の場合、時間単位での賃金は、こうなります。
(1円未満切り捨て)

1時間 1015円
30分  507円
10分  169円
5分    84円
3分    50円
1分    16円
30秒    8円
10秒    2円

となります。1秒1円では無いですねえ。


(1秒いくら)
1分は60秒。1分が60分集まると、1時間となります。
ですから、1時間は、3600秒です。
そうすると、1秒に稼げるのは、
0.28194444円となります。有効数字でいくと、0.2819円/秒ですね。

これからは、アホ上司やトンマ先輩がどうでもいい話を始めたら、「1秒0.2819円の収益!」と思うのが良いでしょう。もちろん、サービス残業になるなら、話を遮って仕事に戻りましょう。


(1秒単位での収益を考えることの重要性について)
時間だけは、誰でも同じ1日24時間です。
しかし、本当の時間は、86400秒です。つまり、8万6千4百秒が本当の1日なのです。
そのうち、4万秒ぐらいは、睡眠や食事、トイレ、入浴などに使います。
残った、4万6千秒ぐらいが各自が自由に使える時間です。
どこにどの程度の時間(秒)を投入するべきかを考えるのは重要です。
そういう意味では、通勤時間やサービス残業や(たいがい無意味な)勤務時間外の問合せなども含めた時間をもらっている給料で逆算することは重要でしょう。


(本当の収益が分かれば、今の職場の良さや転職の判断材料にもなる)
実はちゃんとお給料を払っている職場というのは、余り無駄な時間がありません。
一方で安くこき使うことばかり考えている経営者というのは、結構、無駄だらけです。なぜなら、お金を払わなくても良い労働者(奴隷)がいるからです。逆の視点で言うと、お金に無頓着な労働者がいるとダメな経営者を育ててしまう、とも言えます。


(時間を計算してみよう)
時間に興味を持てましたか?
iPhoneやiPadをお持ちなら、時間を計算してみましょう。
TimeDeCalcなら色々な計算が簡単に出来ます。
まずは通勤時間やサービス残業も含めた実質的な労働のための時間を割り出してみてはいかがでしょうか?

iPhone



iPad





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

アプリPhotoWithのご紹介 作業記録用カメラ、GPS、気圧情報なども写真として記録したい [PhotoWith]

PhotoWithがiPhone用、iPad用としてリリースされました。



 PhotoWithは、写真撮影と同時に日時、GPS情報、住所、気圧、モーションなどの情報を一括して画像イメージで保存できるアプリです。
 画質調整によりコンパクトなファイルサイズ、4つの撮影設定を機動的に変更でき、カウントダウン式の自動撮影、自動保存機能があります。
 日常作業や定常作業、簡単な記録作業をさっと行えます。事故災害の一報にも効果的。

主な機能 :
1. 写真とともに日時、GPS、撮影住所、方角、標高、気圧、モーメントを記録できるアプリです。

(省略)

3. 日時、GPS、位置、高度、気圧、撮影時のモーメントなどを画像データとして撮影した画像と一緒に記録されるので、写真を見るだけで必要な情報を視覚的に確認できます。

(他にも色々)
まずはダウンロード。基本機能は無料です。一部機能には開発費回収のため課金あり。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

アプリPhotoWithのご紹介 作業記録用カメラ、ファイルサイズを抑えたい。 [PhotoWith]

PhotoWithがiPhone用、iPad用としてリリースされました。



 PhotoWithは、写真撮影と同時に日時、GPS情報、住所、気圧、モーションなどの情報を一括して画像イメージで保存できるアプリです。
 画質調整によりコンパクトなファイルサイズ、4つの撮影設定を機動的に変更でき、カウントダウン式の自動撮影、自動保存機能があります。
 日常作業や定常作業、簡単な記録作業をさっと行えます。事故災害の一報にも効果的。

主な機能 :
1. 写真とともに日時、GPS、撮影住所、方角、標高、気圧、モーメントを記録できるアプリです。

2. 写真の画質と大きさを調整することで、写真のデータサイズを通常よりもはるかに小さくできます。 (例:2Mバイトの標準写真 => 0.4MバイトのPhotoWith写真)
(対象となる被写体により保存サイズは変化します。期待されるサイズに縮小されることを保証するものではありません。)

(他にも色々)
まずはダウンロード。基本機能は無料です。一部機能には開発費回収のため課金あり。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。