SSブログ

音楽アプリでの音楽の楽しみ方 [FavoriteArtists]

(この記事について)
 この記事は、iPhone/iPadアプリのfavoriteArtists(フェイバリットアーティスト)を通しての音楽の楽しみ方や変化を伝えています。

(音楽アプリとは何か?)
 iPhone/iPadで音楽を楽しむ場合、Apple Musicアプリを使う場合が多いと思います。サブスクラブ契約を結べば、ほぼ無尽蔵の音楽にアクセスできるようになります。
 音楽の楽しみ方を大きく分ければ、以下の通りです。
1)ランダムに色々な音楽を楽しむ。
2)特定のアーティストの楽曲にこだわって楽しむ。

 例えば、あるアーティストの新しいアルバムが発表されたら、そのアルバムを指定された曲順で楽しむと思います。ある程度繰り返し聴いたら、その後は、他のアルバムやシングルと混ぜてランダムに聴くようになるでしょう。
 色々なアーティストの楽曲をランダムに聴く場合も、特にお気に入りのアーティストの曲は、30分に1回とか1時間に1回聴きたい、となるでしょう。
 アップル社もユーザーの視聴情報を元にAppleMusic上でランダムに選曲して提供していると想像しています。しかし、実際に演奏が始まるまで、どのアーティストのどの曲が流れてくるか分かりません。将来、AI技術が進化すれば、ほぼパーフェクトに使用しているユーザーの意向に沿った選曲が行われるようになるでしょう。しかし、現在の技術でそこまで到達するのは難しい、と私は想像しています。
 そうすると、やっぱり演奏予定曲は事前にチェックできる方が適切だと私は考えています。

 そして、アーティストの演奏順番は、重要だと思います。
 例えば、外出する際、学校や職場に行く際に最初に流れる曲のアーティストは固定した方が生活のリズムが整いやすい気がします。
 アーティスト側の立場に立てば、ランダム演奏の場合の最初の10曲に食い込まないと目的地に到着してしまうかもしれません。それでも20曲以内なら帰宅前に聴いてもらえるでしょう。しかし、20番手よりも後方になると演奏回数がガクンと下がるので、かなり死活問題になりそうです。
 さらに、新たに発掘したアーティストをどんどん登録していくので、古参のアーティストが自然と後方に移動してしまいます。
 そういう訳で1ヶ月に1回ぐらいは、アーティスト順を見直して後方に移動したアーティストを何人か前方に移動し、少し前に登録したアーティストは、徐々に後ろに後退していきます。
峻烈だなあ。

お知らせ:FavoriteArtistsのバージョン2.6を今週末にリリースします。このバージョンでは、複数アーティストのランダム演奏時におけるアーティストの登録を1回だけではなく、繰り返し複数回登録できるようにします。


(FavoriteArtistsの特徴)
あらかじめ、お気に入りのアーティストをアーティストリストに登録するだけ。
あとは選曲ボタンを押せば、自動的に選曲が行われます。


(1日、1アーティスト、1曲)
 このアプリを使うと、30アーティスト登録すると、30曲が自動的に割り当てられます。
1曲4分として2時間分の演奏リストになります。
 なお、繰り返し同一アーティストを選ぶことや特定のアーティストだけ集中して選曲することもできます。

(自分だけの音楽番組)
 このアプリを毎日使ってみて思うことは、自分だけの音楽番組が自動作成されるようになった、と言うことでしょう。アーティストをお気に入りの順番に並べると、適切に曲順を並べ替えてくれます。
 演奏前にセットリストを確認して、順番を変えたり、演奏曲を変えたりすることも出来ます。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。