SSブログ
2021年08月| 2021年09月 |- ブログトップ

Reduce data usage using music apps and cache functions [FavoriteArtists]

(About this article)
 This article tells you how to enjoy music and how it changes through the favorite Artists of the iPhone / iPad app.

(What is the cache function in music data?)
 If you want to enjoy music on your iPhone / iPad, you will often use the Apple Music app. With a subscription contract, you'll have access to almost inexhaustible music.
If you are using Apple Music, one of the biggest advantages is that you can use the artist's songs at any time by registering without downloading all the songs.

In this case, the problem is to download the data required for playing from the cloud environment each time you use it. For example, if you try to listen to songs on the go, each song will download several megabytes or more.

However, if you listen to the same song many times a day, it is not very smart to download it every time. I would appreciate it if you could keep the downloaded data as cache data for a certain period of time.
 
Experience shows that if you do not perform initialization operations, even songs that have not been downloaded will remain in the cache for several hours after you play them. And as the number of songs played increases, it is highly likely that old data will be lost.

If you imagine the above, it seems that you can do something like this. For example, if you create a playlist of songs you want to listen to and play them for 5 seconds each to create cache data, you can enjoy the songs on the go with almost no download. In other words, packet usage can be significantly reduced!

Newly developed based on this concept is the 5sec function of the Favorite Artists app. If you activate the 5sec function for the created song list, only the first 5 seconds of each song will be played. In the meantime, the song data will be accumulated in the cache.

This function creates cache data with the 5sec function in advance in the Wifi environment at home before going out, and then goes out. Then, when you go out, the data of the performance song is taken out from the cache data, so the packet usage can be greatly reduced.
Also, if you use the 5sec function in a place where there is a free Wifi service even when you are out, you will be able to accumulate additional cache data (replenishment of cache data).

We cannot guarantee that it will work, but if you are suffering from bill shock, why not give it a try? By the way, you can also read from the playlist.

(Features of FavoriteArtists)
Just register your favorite artists in the artist list in advance.
After that, if you press the song selection button, the song will be selected automatically.

(1 day, 1 artist, 1 song)
With this app, if you register 30 artists, 30 songs will be assigned automatically.
It will be a performance list for 2 hours as 4 minutes per song.
In addition, you can repeatedly select the same artist or concentrate on selecting only specific artists.

(Your own music program)
What you think about using this app every day is that your own music program is now automatically created. If you arrange the artists in the order you like, they will sort the songs appropriately.
You can check the set list before playing and change the order or the songs to be played.

Download on the App Store


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

音楽アプリ、キャッシュ機能を使ってデータ使用量を削減する [FavoriteArtists]

(この記事について)
 この記事は、iPhone/iPadアプリのfavoriteArtists(フェイバリットアーティスト)を通しての音楽の楽しみ方や変化を伝えています。

(音楽データにおけるキャッシュ機能とは何か?)
 iPhone/iPadで音楽を楽しむ場合、Apple Musicアプリを使う場合が多いと思います。サブスクライブ契約を結べば、ほぼ無尽蔵の音楽にアクセスできるようになります。
 Apple Musicを使用している場合、最大のメリットの一つは楽曲を全てダウンロードせずに登録だけしておけば、いつでもそのアーティストの曲を利用できることです。

 この場合、問題となるのは、使用する毎に演奏に必要なデータをクラウド環境からダウンロードすることです。例えば、外出先で楽曲を聴こうとすると、1曲毎に数Mバイト以上のダウンロードが発生します。

 しかし、1日に何度も同じ曲を聴く場合、毎回ダウンロードするのはあまり賢くありません。ダウンロードしたデータをキャッシュデータとして一定時間保持してくれればありがたいですね。
 
 経験的に初期化操作などをしない場合には、ダウンロードしていない曲でも演奏してから数時間程度は、キャッシュに残っているようです。そして、演奏曲が増えてくると古いデータは無くなる可能性が高くなると思われます。

 上記のことをイメージするとこんなことが出来そうです。例えば、聴きたい曲のプレイリストを作成して、頭出し5秒間ずつ演奏してキャッシュデータを作成すれば、外出先でもほとんどダウンロード無しで楽曲を楽しむことが出来る。つまり、パケット使用量を大幅に抑えることが出来る!

 このコンセプトで新規開発したのが、FavoriteArtistsアプリの5sec機能です。作成した演奏曲リストに対して、5sec機能を発動すると、各曲の最初の5秒間だけが演奏されます。その間に曲データがキャッシュに蓄積するだろう、という狙いです。

 この機能は、外出前に自宅のWifi環境であらかじめ5sec機能でキャッシュデータを作成し、それから外出します。そうすると、外出先ではキャッシュデータから演奏曲のデータを取り出すので、パケット使用量が大幅に抑えられる、という仕組みです。
 また外出先でも無料のWifiサービスがある場所で5sec機能を使用すれば、追加のキャッシュデータを蓄積できるでしょう(キャッシュデータの補給ですね)。

 必ずうまく機能するという保証はできませんが、パケ死で悩んでいる方は試しに使ってみてはどうでしょうか?ちなみにプレイリストから読み込むことも出来ます。

(FavoriteArtistsの特徴)
あらかじめ、お気に入りのアーティストをアーティストリストに登録するだけ。
あとは選曲ボタンを押せば、自動的に選曲が行われます。


(1日、1アーティスト、1曲)
 このアプリを使うと、30アーティスト登録すると、30曲が自動的に割り当てられます。
1曲4分として2時間分の演奏リストになります。
 なお、繰り返し同一アーティストを選ぶことや特定のアーティストだけ集中して選曲することもできます。

(自分だけの音楽番組)
 このアプリを毎日使ってみて思うことは、自分だけの音楽番組が自動作成されるようになった、と言うことでしょう。アーティストをお気に入りの順番に並べると、適切に曲順を並べ替えてくれます。
 演奏前にセットリストを確認して、順番を変えたり、演奏曲を変えたりすることも出来ます。

Download on the App Store



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

2021年08月|2021年09月 |- ブログトップ