SSブログ

音楽アプリ、キャッシュ機能を使ってデータ使用量を削減する [FavoriteArtists]

(この記事について)
 この記事は、iPhone/iPadアプリのfavoriteArtists(フェイバリットアーティスト)を通しての音楽の楽しみ方や変化を伝えています。

(音楽データにおけるキャッシュ機能とは何か?)
 iPhone/iPadで音楽を楽しむ場合、Apple Musicアプリを使う場合が多いと思います。サブスクライブ契約を結べば、ほぼ無尽蔵の音楽にアクセスできるようになります。
 Apple Musicを使用している場合、最大のメリットの一つは楽曲を全てダウンロードせずに登録だけしておけば、いつでもそのアーティストの曲を利用できることです。

 この場合、問題となるのは、使用する毎に演奏に必要なデータをクラウド環境からダウンロードすることです。例えば、外出先で楽曲を聴こうとすると、1曲毎に数Mバイト以上のダウンロードが発生します。

 しかし、1日に何度も同じ曲を聴く場合、毎回ダウンロードするのはあまり賢くありません。ダウンロードしたデータをキャッシュデータとして一定時間保持してくれればありがたいですね。
 
 経験的に初期化操作などをしない場合には、ダウンロードしていない曲でも演奏してから数時間程度は、キャッシュに残っているようです。そして、演奏曲が増えてくると古いデータは無くなる可能性が高くなると思われます。

 上記のことをイメージするとこんなことが出来そうです。例えば、聴きたい曲のプレイリストを作成して、頭出し5秒間ずつ演奏してキャッシュデータを作成すれば、外出先でもほとんどダウンロード無しで楽曲を楽しむことが出来る。つまり、パケット使用量を大幅に抑えることが出来る!

 このコンセプトで新規開発したのが、FavoriteArtistsアプリの5sec機能です。作成した演奏曲リストに対して、5sec機能を発動すると、各曲の最初の5秒間だけが演奏されます。その間に曲データがキャッシュに蓄積するだろう、という狙いです。

 この機能は、外出前に自宅のWifi環境であらかじめ5sec機能でキャッシュデータを作成し、それから外出します。そうすると、外出先ではキャッシュデータから演奏曲のデータを取り出すので、パケット使用量が大幅に抑えられる、という仕組みです。
 また外出先でも無料のWifiサービスがある場所で5sec機能を使用すれば、追加のキャッシュデータを蓄積できるでしょう(キャッシュデータの補給ですね)。

 必ずうまく機能するという保証はできませんが、パケ死で悩んでいる方は試しに使ってみてはどうでしょうか?ちなみにプレイリストから読み込むことも出来ます。

(FavoriteArtistsの特徴)
あらかじめ、お気に入りのアーティストをアーティストリストに登録するだけ。
あとは選曲ボタンを押せば、自動的に選曲が行われます。


(1日、1アーティスト、1曲)
 このアプリを使うと、30アーティスト登録すると、30曲が自動的に割り当てられます。
1曲4分として2時間分の演奏リストになります。
 なお、繰り返し同一アーティストを選ぶことや特定のアーティストだけ集中して選曲することもできます。

(自分だけの音楽番組)
 このアプリを毎日使ってみて思うことは、自分だけの音楽番組が自動作成されるようになった、と言うことでしょう。アーティストをお気に入りの順番に並べると、適切に曲順を並べ替えてくれます。
 演奏前にセットリストを確認して、順番を変えたり、演奏曲を変えたりすることも出来ます。

Download on the App Store



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
covoid-19 iPhone / i..Reduce data usage us.. ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。