SSブログ

音楽アプリ、まんべんなく好きなアーティストの楽曲を選ぶ方法 [FavoriteArtists]

(この記事について)
 この記事は、iPhone/iPadアプリのfavoriteArtists(フェイバリットアーティスト)を通しての音楽の楽しみ方や変化を伝えています。

(アーティストを順番に並べた時の課題)
 iPhone/iPadで音楽を楽しむ場合、Apple Musicアプリを使う場合が多いと思います。サブスクライブ契約を結べば、ほぼ無尽蔵の音楽にアクセスできるようになります。
 Apple Musicを使用している場合、最大のメリットの一つは楽曲を全てダウンロードせずに登録だけしておけば、いつでもそのアーティストの曲を利用できることです。

 アーティストをどんどん登録して好きな順番で並べていきます。そして聴きます。そして気が付きます。後ろの方のアーティストも聴きたいのに、時間が足りない!
 しかも好きな順だけだと、毎日繰り返し聴いているといつも同じアーティストばかりになってしまいます。好きだから飽きたりはしないけど、ちょっとねえ。

(後列にもチャンス到来!)
 そこでFavoriteArtistsには新しい機能を追加しました。それはランダム選曲する際に前半1/4、ほぼ中間、後半1/4の辺りのアーティストから選曲する機能です。もちろん、長時間再生すれば最終的に先頭に登録されているアーティストたちの楽曲も演奏されます。
 この機能により、今日は後半のアーティストから選曲しよう、とか、明日は中間あたりのアーティストから選曲しよう!、などの操作がボタン一発でできるようになりました。

(楽曲の幅が広がる、知らないうちにリリースされていた曲を知る機会になる)
 実際に使ってみると、順番が後半のアーティストを週に1回ぐらいは聴きたくなるようになりました。そして、知らない楽曲がかなりあること。知らないうちにリリースされている曲があることも分かりました。結果として、楽しむ楽曲の幅が広がります。

(アーティストをどんどん追加しても片寄った選曲が解消される)
 常に一番好きなアーティストからしか選曲されないと流れてくる曲は、先頭のアーティスト20組程度に固定されてしまいます。しかし、アーティスト順の中間、後半から選曲できるようになった結果、どんどんアーティストを追加しても色々なアーティストの曲を楽しめるようになります。特に新人アーティストの場合には、最初から20番目以降に設定しておけば、リリースしている楽曲が少なくても定期的に演奏される機会が提供できるようになります。

(後列になったアーティストも新譜を出せば挽回のチャンス到来)
 ユーザーに好きなアーティストとしてアプリのアーティスト順に加えてもらえたけど、後列になったアーティストはどうすれば良いのでしょうか?。私がこのアプリを使っていて思うのは、新譜をリリースすることだと思います。新譜をリリースすれば、必ずユーザーが聴いてくれるチャンスが巡ってくるからです。ユーザーがいい!、と思ってくれれば、アプリの中のアーティスト順位を上げてくれます。そうすれば、さらにチャンスが広がります。


(FavoriteArtistsの特徴)
あらかじめ、お気に入りのアーティストをアーティストリストに登録するだけ。
あとは選曲ボタンを押せば、自動的に選曲が行われます。


(1日、1アーティスト、1曲)
 このアプリを使うと、30アーティスト登録すると、30曲が自動的に割り当てられます。
1曲4分として2時間分の演奏リストになります。
 なお、繰り返し同一アーティストを選ぶことや特定のアーティストだけ集中して選曲することもできます。

(自分だけの音楽番組)
 このアプリを毎日使ってみて思うことは、自分だけの音楽番組が自動作成されるようになった、と言うことでしょう。アーティストをお気に入りの順番に並べると、適切に曲順を並べ替えてくれます。
 演奏前にセットリストを確認して、順番を変えたり、演奏曲を変えたりすることも出来ます。

Download on the App Store


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Reduce data usage us..|- ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。